どこに設置するべき?

監視カメラを購入したものの、効果的な場所に設置しなければ、その意味を発揮しません。
実は監視カメラの設置を考えるとき、まずはどこに設置するのかということを考えることが第一で、その場所に合わせて監視カメラを選ぶというのがおすすめなのです。では、一体どのような位置に設置するのが良いのでしょうか。

一般的に設置される場所としては、やはり入口となる玄関が挙げられます。その他にも、空き巣などが侵入しやすいとされている、勝手口やベランダなども効果的です。侵入されやすいような場所に設置しておくことで、「この家は監視カメラがあるから犯行が危ない」と思わせることができます。
この、「思わせる」ことが重要であり、空き巣などは少しでも危険を感じるような家を避ける傾向があるため、監視カメラを設置することで随分と空き巣の侵入を妨げることができます。

賃貸アパートやマンションなどの場合、管理している会社がある以上、玄関や通路などに勝手に防犯カメラを設置するわけにはいきません。そういった場合は、監視カメラの導入を検討してもらえるようにお願いするといいですね。
また、他の居住者の迷惑にならない範囲で物件に傷をつけないように監視カメラを取り付けするという方法も有りです。この場合は、事前に監視カメラを個人的に設置しても良いのかということを必ず管理会社に相談しましょう。
 
 

 どんな物を購入する?

監視カメラをどこに設置するのかということが決まったら、いよいよ監視カメラ選びです。
一般家庭用に普及されている監視カメラは、私たちがコンビニなどの店舗で見かけるようなものとは異なります。店舗で使用されているようなものは、かなり色々な機能が付いているものが多く、高額であることが多いです。
一方で一般家庭用の場合は、その機能によってピンキリであり、数万から数十万と幅も大きくなります。どこまで防犯に費用をかけられるのか、かける必要性はあるのかということを考慮しながら選ぶと良いでしょう。

最も安価に設置できるのはダミーの監視カメラです。見た目は普通の監視カメラですが、見た目だけであり、実際は全く機能していないただの飾りです。しかし傍から見るとそのことはわからないので、威嚇の意味としては充分です。
次に安価なのが、モニターとして利用できる監視カメラです。カメラを通して映像確認はできるものの、録画機能が無いために万が一犯罪が起こったときの証拠になりません。こうしたタイプのものは、子どもたちの登下校を見守ったりするのに地域で取り入れているというところも多いようです。
犯罪を未然に防ぎ、そして万が一のときの証拠提出にも役立つのは、やはり録画機能がついた監視カメラです。侵入者を自動で検知して録画してくれたり、夜間でも赤外線でしっかりと録画できたりと、色々な機能が便利になればなるほど価格は上がります。中には防犯ブザーを鳴らして威嚇したりするものもあります。

このように、色々な種類の監視カメラがあるわけですが、自分が求める防犯の機能と、どこまでお金をかけることができるのかということを、よく考えて導入するようにしましょう。
いくら効果的な監視カメラであっても、家計を圧迫するようなものでは考え物です。自分に合った機能や価格のものを見極めていきましょう。